sato

takaクリラボ編集長 

イタリア在住10年の経験則から、仕事はホドホドで終業時間だけはキッチリと守る異文化の悪いトコ取りスタイルを貫く、ドラクエ世代の窓際おっさん。

2002年、日刊スポーツ新聞社のイタリア現地特派員(通信員)として報道のキャリアを刻む。Reggina中村俊輔担当として2002-2005の在籍3シーズン全ての練習と試合を中心に、2007年夏までセリエAを取材。帰国後は記者としてJリーグ、プロ野球、高校野球・サッカー・ラグビーを2012年まで担当。その後、紙媒体ではスポーツ専門誌、大学広報誌、企業広報誌、企業・医療法人周年誌、介護誌、行政案件など、文系・理系・医療福祉介護系・体育会系・芸術系問わず、企画立案から取材・執筆・編集まで担当。

Web媒体ではコンテンツマーケティング、オウンドメディア黎明期の2000年代初めにlivedoor NEWS上でイタリア最大のスポーツ紙「La Gazzetta de年まで Sport」の記事翻訳を担当。5~7本ペースで毎日更新し、担当5年間で約8,000本(覚えていません…)の翻訳記事を配信するなど、海外スポーツNEWS翻訳記事ジャンルの確立に少し貢献。

趣味はスポーツとたまにする料理。家にあるもので作るパスタ・アルモンデが得意。短所はあり過ぎて辛い日々。